星屑のこころ

西洋占星術ブログ。占い勉強ログ/星の動き/アートや日常のお話

2022年牡羊座新月。「Freedom To Be Ourselves!!(お互いが自分らしくいられる自由)」

皆さんこんにちは。西洋占星術勉強中のエレノアです。

 

前回の乙女座満月の記事を書いたことで、新月・満月リーディングをもっとやりたいなと思いました!
やはり占星術の勉強は、アウトプットしてナンボ…
今後も試行錯誤を続けていく予定ですが、とりあえず動かしてみたいと思っております。

それでは、4月1日に起こる牡羊座での新月について、どのような新月になりそうかリーディングして参ります!

牡羊座新月 概要

今回は牡羊座新月が起こります。
日付は2022年4月1日、時刻は15時26分。
こちらは東京のチャートです。

f:id:eleanor_fujisaki:20220327180819p:plain

牡羊座新月図 東京(2022年4月1日)

牡羊座の性質

一般的に牡羊座には、新奇性への関心や冒険心、自由(freedom)、チャレンジ精神、独立精神、主体性、スピード、本能、生まれたての魂、そして最も原始的な形での「自我」などの象意があります。
牡羊座のキーワードは“I am(我あり)”。赤ちゃんがこの世に生まれてきた・飛び出してきた瞬間が、牡羊座の世界です。瑞々しく力強い生命力にあふれ、未知の世界に対して危険を省みず飛び込む行動力なども、牡羊座の世界観です。
支配星は、行動力・実行力・自己主張力・攻撃力・意欲・いわゆる「男性性」・性衝動などを司る火星です。このため、牡羊座にはしばしば闘いやケンカ、スポーツなどのイメージも付随します。
全力で、ストレートに自分を主張し、闘い、欲しいものを勝ち取る。「私はここにいる」と、燃え上がるような魂や情熱で以って自分を世界に対して開く星座が、牡羊座です。

火のサインの牡羊座は直観力にも優れ、情熱的でありながら、子どものような素直さや純粋さも持ちます。ただ、ともするとわがままと受け取られてしまいがちな言動をしてしまったり、少しせっかちで向こう見ず、思い込みが激しいところも。時には人の話を聞いてみることも意識するといいかもです(笑)!


石井ゆかりさんの『12星座』を読んで以来、私の中で牡羊座は「生命の奇跡」そのものだと思っています。
(『12星座』の牡羊座の章を初めて読んだときは、感動と感激のあまり泣きました)


エレメントの傾向

火 3牡羊座の太陽・月・水星)
土 2山羊座冥王星/牡牛座の天王星
風 3水瓶座の金星・火星・土星
水 2魚座木星海王星
アセンダント 土(乙女座)
MC 風(双子座)


今回は各エレメントのバランスが取れているようです。
個人天体が火と風のサインに集中していますね!比率的にも、火と風の方が多いです。
前回の乙女座満月では火のサインが0個でしたし、全体的に土と水のエネルギーが強めだったので、火星座(牡羊座/獅子座/射手座)・風星座(双子座/天秤座/水瓶座)の方々は久々に元気が出る新月かもしれません。

特に今回は、春分明けの新月。しかもサインは牡羊座ですので、特に牡羊座の天体が強い方や外向的な陽のエネルギー(火・風)が強い方は、やる気がグングン湧いてくるような期間になるかもです。

 

モダリティの傾向

活動宮 4牡羊座の太陽・月・水星/山羊座冥王星
不動宮 4水瓶座の金星・火星・土星/牡牛座の天王星
柔軟宮 2魚座木星海王星
アセンダントとMCは柔軟(乙女座/双子座)


前回の乙女座満月同様、アセンダントが乙女座・MCが双子座にある点に、なんだか示唆を感じます。
ただ、今回の新月は活動と不動のサインが多いです。物事を始める・行動を起こすのに長けた「活動」のエネルギーと、物事を継続する「不動」のエネルギーが強いため、新月以降の2週間は新しく何かをスタートさせやすいだけではなく、始めたことが続きやすいエネルギーを帯びると予想できます。
特に「スタート」の星である牡羊座新月ですので、この期間中に何かを始めたいことがある方にとっては、心強い2週間になるかもしれません。

もちろん、「何もしなくてもそういったエネルギーや奇跡が発動します!」といった話ではなく(^^;;)
星の力を借りる・使うという意識や意思を働かせれば、この新月は新しいチャンスを掴むきっかけになりやすいかな、と思います。

新月のテーマ「Freedom To Be Ourselves‼︎(お互いが自分らしくいられる自由)」

前回の記事では、国レベルの話と個人レベルの話を混ぜて書いてみたのですが、
今回からしばらく、個人向けのメッセージを書こうと思います。

※ここから超個人的な話ですので、読み飛ばしたい方はスクロールをどうぞ🙇‍♀️
前回初めて新月・満月リーディングをやってみて思ったのですが、
やはりマンデンを占うのは、今の自分のレベル的に難しいうえに、反省点も多く…!!

見様見真似みたいな形ではなく、一度きちんと型を学んでからリトライしたいと思っています。
短期的な目標としては、4月〜5月ぐらいにかけてマンデン専門の書籍を買って読むこと。あと、ARI占星学総合研究所さんで開講される賢龍雅人先生のマンデン講座を年末に受けようと考えています。
それまでは、主に個人向けという形で新月・満月リーディングを書きたいなーと、思っている次第です。


あとですね、実は前回のブログ、書き終わるのに3日かかっておりまして…
今は休職中で時間があるため大して問題はなかったのですが、仕事復帰後のことを考えると、そこまでの時間をかけ続けるのは厳しいな〜〜と💦
それでなくても、リーディングにそこまでの時間がかかってしまうのは、自分の体力や余裕などコンディション的な意味でも、そしていろんな意味での「今後」を鑑みると望ましくないと思いましたので、改善の余地があると思っています。
それにはリーディングと執筆に慣れること・試行錯誤しながら制作していくことが、今できる手段かなと。

読みに来てくださる方が少しでもいらっしゃる限り、一定レベルのクオリティに達している記事を上げたい…!と思っていますので、
時間的な制約は意識しつつも、どうすれば良好品質を保てるか、こちらも今後の課題にしたいと考えております。
※ここまでです!

 

さて、今回の新月のテーマは

「Freedom To Be Ourselves!!(お互いが自分らしくいられる自由)」
と、させていただきました。
英語にした理由は、なんとなくロックな感じするから(私の中で牡羊座はロックな星なので)です。

では、全体的な天体のバランスと分布から。
今回も前回の満月同様、西半球が強いですね。約2週間前の乙女座の満月では東半球(しかも1ハウス )に月がありましたが、今回は東半球に星がひとつもありません。
また、上下(北半球と南半球)のバランスを見ると、南(上)の方が多いことも注目ポイントかなと。
つまり、今回の新月では「自分」よりも「他者」だったり「他者と自分」、そして仕事など社会との関わりや、社会・公的な場における自分、社会的立場といったところにフォーカスが当たりそうです。
「自分が」どうなんだ!とか、「私は」こうなんだ!みたいな、自分ひとりで完結するムードというより、「この人と私はどうなんだ」「この人ってどうなんだ?」とか。
あるいは「社会の中での関わり(他人との交流も含む)そのもの」や「社会における活動や立場の中での自分」など、「他者や社会」という外側の世界と、それに対する自分(牡羊座の要素)に意識が向く新月かもしれません。

「重苦しい情念の糸」をほどきたいなら、魂からの叫びに従おう

今回の牡羊座新月では、太陽と月のコンジャンクション牡羊座の水星も加わっています。
また、新月が起こる8ハウスが最も重要なハウスになりそうです。小惑星のキロンも入れたら天体が4つも集まりオーバーロードとなっているため、8ハウスのテーマが強調されています。

上述したように、今回の新月はそもそも「他者」にフォーカスが当たりそうですが、新月が起きる8ハウスも、「他者」の性質を色濃く帯びた分野・領域です。

特定の他者との共有/特定の他者との(物質的・精神的な)深い結びつき/精神的な変容/親や師匠、パートナーからの継承/DNA/遺産などの相続/他者から貰う金銭

などが、8ハウスのキーワードとなります。


このため今回の新月では、特定の誰かとの関係や結びつきに対して、
・新しい何かが舞い込んでくる
・あるいは新しいアプローチがかかる
・今まで考えたこともなかったようなフレッシュな視点が入る
といったことが起こりやすい期間となりそうです。
牡羊座の性質的に、ストレートな形とか、スピード感や勢いのある形で影響が出る可能性も考えられます。
ミソは、「特定の」誰かというところ。それは少なからず責任がついてくるような関係で、優先度・重要度が低いような、軽い関係ではありません。

もしくは、その軽くはない関係を持つ特定の誰かとの間で、自分自身(牡羊座の要素)が精神的に深く変容し、成長していくためのスタートを切るのかもしれませんね。

特定の誰かとの間で何か停滞していたこと・待っていたことがあれば、その状態を打破するチャンスを掴みやすいことも考えられます。


牡羊座って、性質的にホット&ドライ(熱くて乾いている)なので、必ずしも他人を必要としない星座なんですよね。基本的に自己完結型の世界ですし、いわゆる「情念」みたいな、ウエッティな感情や情緒を司る星座ではない。
しかし、今回の新月の特徴は「(セックスや金銭などの物質的・精神的な要素も含めて)自分と他人の境界が溶解し、一体化するほどの他者との深い結びつき」を表す8ハウスに牡羊座の天体が集中していることです。8ハウス単体の要素を鑑みると、牡羊座の性質とはむしろ相入れない世界である点が、今回の新月面白いですね。(まあ、8ハウスを管轄する蠍座の副支配星は火星ですから、牡羊座蠍座って共通項がないとはいえない気はするのですが…) 

 

なので、今回の新月は例えばですが、
・グチャグチャに絡み合ってしまって、最早ほどく術がないと思い込んでいた、特定の誰かとの「重苦しい情念の糸」みたいなものがパッとほどける
・余りに込み入ってしまった関係をリニューアルする
・因縁めいたものの解消や、もはや腐れ縁になってしまった関係に風穴が開く
ようなことも、人によっては起こり得るかもしれません。

先日の満月同様、アセンダントは乙女座にありますから、チャートルーラーはコミュニケーション力・言語・知性を表す水星です。
その水星もまた、新月が起きる8ハウスにいます。
よって、もし特定の誰かとの関係のリニューアルや、「重苦しい情念の糸」をほどくことを望んでいる方であれば、自分の魂からの思いや主張を「言葉にすること」がカギになるかもしれません。
ただし、牡羊座の性質を鑑みると激しい言葉のやりとりにもなりかねませんので、不要な争い事は避けたい方は、カッとなった末の発言にはお気をつけ頂ければと…。

また、牡羊座には「自由」という象意があります。
場合によってはですが、その関係から「自由になる」選択をする可能性もあるでしょう。
もしくは、水星が絡むため「対話の結果、自由協定を結ぶ」という選択を取るかもしれませんね。
8ハウスは、精神的・内的な変容による成長も表します。特定の誰かとの関係のリニューアルや、お互いの自由協定の締結を選んだことにより、双方の内面が成長していく可能性も考えられます。


本来、人と人の健全な関係というのは、お互いの「自由」の尊重のうえで成り立つはずです。お互いがお互いに自分らしくいる、その自由を尊重すること。
束縛や執着、そして一方的な支配や共依存は、「他者との深い結びつき」「他人との精神的な深い絆」の証では、決してありません。
この前の満月の記事でも、似たような話を書いたなと思います。もし、グサッときている人や、私の言葉に重苦しいものを感じてしまっている方がいらっしゃったら、ごめんなさい。誤解のないように言いたいのですが、決して圧を与えたいのではないのです…汗 
ただ、もしそういった一方的な関係やお互いの自由の尊重がない関係に辛さを感じているのであれば、牡羊座の「自由」のエネルギーを借りるのも、ひとつの手だと思います。

牡羊座的な「自由」とは、何にも縛られることがない自由です。澄み切った青空のような自由。ありのままの自分でいていい自由。牡羊座のそうした「自由」の力を借り、自分の魂からの叫びに従ってもいい新月ではないでしょうか。私はそう思います。

他者との関係・公的な活動。いずれにおいても発破がかかる

また、8ハウスは「他者から貰う(お金などの)物質」も表すので、人によっては親や兄弟・パートナーなどの遺産相続や不動産、保険、家業の話、誰かの何かを引き継ぐといったテーマが浮上するかもしれませんね。
例えば、パートナーの仕事を新月の期間に自分が受け継ぐことになり、0から新しい道筋を作っていく…など。


MCも少し気になるところです。
MCは社会的立場、社会における自分の肩書などを表します。上述したように、今回は南半球=公的な領域にも天体が多いですし、チャートルーラーの水星が管轄する双子座は、この新月のMCでもあります。そしてMC双子座の支配星である水星は、新月が起きる8ハウスにいます(なんかゴチャゴチャですみません)。
さらにいうと、細かいですが、牡羊座の太陽・月・水星と双子座のMCはセクスタイルを形成しています。

人によっては、会社(他人から貰うお金=給料が発生する場所)との関係にリニューアルの息吹が舞い込むかもしれませんね。
例えばですが、会社を相手に新規の交渉事に臨むとか。自分のアイデンティティが会社や雇用主などと一体化している人は、その関係や距離感に新しい視点が入るとか、その関係を刷新していこうとするとか。
8ハウスは公務員の部屋(他人から貰うお金=国民の税金が給与)でもあるので、公務員の方々にも、何か新しい仕事や引き継ぎなど、新規の話が訪れるかもしれません。


そうそう。会社や職場の文脈でいえば、今回は6ハウスにも天体が集中(火星・金星・土星)していますね。
いずれもサインは水瓶座ですので、会社員の方々は職場で革新的な行動を起こすとか、働き方改革に取り組むとか、ストイックに仕事に集中すると、成果を上げるチャンスになるかもしれません。

ただし、牡牛座の天王星とスクエアという厳しい角度も作っています。
そのため、良かれと思ってやったこと、勢いよく提案したこと、貢献・奉仕の意図で起こしたことが思わぬミスを招いてしまうとか、想定外の経済的な損失が起こりかねない点には、注意が必要でしょう。
始める前に一度冷静に考えるとか、ちょっと慎重になってみるとか、先々の影響も一旦シミュレーションしてからどうするか決めるなど、気をつけてみてくださいね。

 

新月リーディングの総括としては、他者との関係や公的な場において何か新しく始めるにしても、状況を打破するにしても、エネルギッシュに「発破がかかる」ような期間になると、考えられます。

サビアンシンボルは牡羊座12度「野生の鴨の群れ」

最後に、サビアンシンボルからも今回の新月のメッセージを拾ってみます。
サビアンについては、占星術を学んでいらっしゃる方々の多くがファンであろう「すたくろ」さんを引用・参考とさせて頂きます。

 

今回の新月図、月のサビアンは牡羊座12度「野生の鴨の群れ」です。
すたくろさんのサビアン解説を、一部引用させて頂きます。

ホメオスタシスを信じて感謝する・呑気に構える人

 

🌟Keyword・エネルギー
「呑気さ」「ポジティブ」「身を任せる」「ホメオスタシス」「本能」「自然治癒力

🌟目指す方向性
・自分の生命力を信じること。

・自然の秩序を守ること。

・自分の生命力や、自分を生かしてくれる本能に感謝して過ごすこと。

 (※一部省略)

🌟この度数の人の特徴
・「なるようになるさ」的なポジティブさと呑気さを持つ人。

・自然界を動かす法則に関心を寄せたり宇宙的リズムに魅了される人。

・自分の考えに自信を持っている。頑固な人。

・自分流の生き方を目指す。

・生き残りための力=本能的な人。


引用元:Code no.12 牡羊座12度 野生の鴨の群れ | すたくろ 〜star-clock-work 〜

すたくろさんの解説を読んで個人的に思ったのは、自然の秩序=本能、本能=生き残る力でもあるのかな、と。
また、この度数には「呑気さ」、非常に楽観的な視点や姿勢というシンボルがあるとのこと。サビアンに照らし合わせて考えると、自然の力や自然の法則に対する信頼からくる姿勢を意味しているのかなと思いました。


「なんとかなるよ!」「大丈夫だよ」といった楽観は、そもそも牡羊座的な絶対的自己への肯定や自分への信頼がないと、出てきづらいものかもしれません。

このサビアンが意味する「自然の法則や秩序に身を任せる」という行為は、自己存在を超越した大いなるものを信頼し、自分を開け放つことでもあります。
それって、見方によっては怖いことだと思うのです。自分という枠の外に出たもの、自分の知覚外の事柄や、意思とかコントロールが効かないところに対して、全身を明け渡すことでもあるから。
しかし、そういった恐怖に対して臆面もなく無邪気に飛び込み、自分という存在をそのまま開け放つ心それ自体が、私は大変に牡羊座的だと思います。

 

今回の新月リーディングでは、主に他者との深い結びつきに焦点を当て、「Freedom To Be Ourselves‼︎(お互いが自分らしくいられる自由)」というテーマを置きましたが、
人によっては、このテーマに恐怖や脅威的なものを感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

もしそうさせてしまったなら、余計なプレッシャーを与えてしまい申し訳ありません。

ただ、今回の新月サビアンを見て感じたメッセージを、私なりに伝えさせて頂くとすれば、それは「たとえ踏み出すのが怖かったとしても、自然の法則は我々を見守ってくれている」ということです。
自然の法則とは、星の流れとか、星の導きとか、天のおぼしめし、などと言い換えられるかもしれませんね。

もちろん、すべてを星任せ・天任せにするのは絶対違うと思いますし、いかがなものかと思います。
けれど、このサビアンが語っているような生存本能や生き残りへの衝動とは、「こっちの道にいくことが、この人生を生きるうえでの最良の選択」と解釈することも可能ではないかと、私は思うのです。
この新月で私たちがした・したい選択、あるいは最終的にそうなったという出来事は、「こっちの道が私の人生にとっての最良だ」という、我々の中の直観的な本能や衝動が導いてくれたことなのかもしれません。
自分の生存本能を信頼し、それに従ったことで、呼応するようにして立ち現れてくる「何か」があるとすれば、それは自然の秩序や法則に「自分を開け放つ」ことができた結果なのかもしれないと、このサビアンを見て感じた次第です。

 

それでは、皆様にとってよき新月となりますように!

SNSやってます🪐
Twitter

https://twitter.com/eleanorfujisaki
Instagram

https://www.instagram.com/eleanor_fujisaki/

お気軽にどうぞ🌷


【超余談】
今回の記事を書いていてずっとLOVE PSYCHEDELICOの『Freedom』という曲が浮かんでいました。

ミュージックビデオの映像含め、私の中では牡羊座的な「自由」を象徴するような、明るく爽快なロックチューンです。よろしければぜひ🎸🔥


www.youtube.com