星屑のこころ

西洋占星術ブログ。占い勉強ログ/星の動き/アートや日常のお話

22年6月28日の星読み

皆さんこんにちは。西洋占星術を勉強中のエレノアです。

今日の夜公開予定の蟹座新月の記事を書いていたことや、その他諸々あって間が空きましたが、6月28日(火)の星読みいってみます!

※東京12時のチャートを参照

f:id:eleanor_fujisaki:20220628092547j:image

月は双子座。

双子座の水星とコンジャンクション

水瓶座土星(逆行中)とトライン。

牡羊座の火星とセクスタイル

魚座海王星とスクエア。

 

軽やかな交流エネルギーと好奇心に満たされそうな1日。

情報収集が捗ったり、面白い話が舞い込んできたり。

SNSでの発信にもぴったりなエネルギーなので、何かコンテンツを作ったり、SNSで活動をしている人にとっては、今日のエネルギーは追い風になりそう。
書き物がサクサク進んだり、投稿のアイディアが湧いてきたりと、発信活動に良い刺激がもたらされそうな配置かなと。

牡羊座の火星とセクスタイルも形成しているため、積極的に行動していけそうな感じ。身近な人とのお喋りなども、盛り上がりそうな気配。

 

あと、未来に向けての話し合いや議論を活発に交わすことにも向きそうな1日ですね。未来計画に向けて思考をビュンビュンと張り巡らせるような。

「未来」とひとくちにいっても、水瓶座土星とトラインで絡んでいるため、確実に着地すること・長く続くこと(いわゆる「サステイナブル」な)などを見据えたイメージが湧く。

確実に着地できそうなこと・長く続けられそうなことを現実にしていくために頭を使い、情報を集め、人に会うなどして足を使う。

そうやって、実現したい未来計画に関するアンテナを貼るような。

 

一方で、今日は魚座海王星ともスクエアを形成しているため、真偽のわからない情報・出所不明な情報やデマなどにも要注意。

ちょっと惑わされたり振り回されたりする感じの配置なので、人の意見を聞きすぎるあまり何も決められなくなってしまう・思考が鈍ってくるようなことには、気をつけたほうがいいかもですね。

 

さて、ここから先は、かなり個人的な考えも入る記述となりますが……

巷でも散々話題となり食傷気味の方もいらっしゃるかとは思いますが、水瓶座木星土星が会合するグレートコンジャンクションが起きたのが2020年。

いわゆる「風の時代」が来たということで、占い好きはもちろん、別にそこまで占い好きではない方まで話題にしていた記憶です(私の周辺では)。

今手元にある『マイカレンダー』(2022年冬号)上で、鏡リュウジ先生が2021年〜2025年までの星の運行情報とその解釈を整理してくださっているコーナーを読み返しているんですが、2024年11月20日冥王星山羊座から水瓶座に移行する際のことを、鏡先生はこう書かれています。

「土から風へ」を目の当たりにする時

この15年間の山羊座冥王星時代の最終段階。お金や所有物、地位で人のステイタスが決まるという価値観、国や大企業、組織など、大きな権力を持っていたものが次々と壊れていく時。水瓶座は「個」の星座なので、皆が「個別化」されていく流れに。

(p.44〜45『マイカレンダー』2022年1月号/説話社)

本格的な「風の時代」の開始までは、最低でもあと2年ないしは3年ほどかかる(冥王星は何度か逆行を繰り返して山羊と水瓶を行き来する予定なはずなので、ガチの風の時代スタートは2025年以降だとする見方も強いですよね)。
このため、今は土→風への移行期間まっただなかという認識の占星術ファンの方々も多いと思います。

かくいう私も、今はまだ土の時代の名残が残ってはいるけど、確実に時代の性質は移行しており、壊れるものは壊れていっているフェーズ、という認識です。

この土から風への移行、もしくはアップデートには、双子座の情報収集力って、実は結構重要なんじゃないかと。これは私がお世話になっている占星術師の先輩が前に仰っていたことなんですが、これから先の時代「自立した個人としてどの道を選び、生きていくのか?」というテーマが強く浮かび上がってくるとしたら、生き方の選択の鍵となるのは「情報」なのではないかと。

もし、これまで「スタンダード」とされてきたものが形骸化し、意味をなさなくなり、自分の価値観や判断、考えに基づいてあらゆることを選択していく生き方が新しいスタンダードになっていくのだとすれば、その時私たちを助けてくれるアイテムのひとつは、情報であると。その方は仰っていました。

 

“I Think”をキーワードとし、柔軟宮のサインである双子座は、あちらこちらへとフットワーク軽く飛び回り、色んな人から色々な話=情報を仕入れ、思考を働かせていくサイン。私は双子座を、そのように認識しています。

そんな双子座のエネルギーが漂う今日の星の配置は、来たるべき新しい時代、未来のための情報収集を行ない、考えを巡らせることに向きそうな配置なんじゃないかと。

双子座の"I Think"のエネルギーを、2024年(25年)以降から本格的に始まる新しい時代の生き方を探ることに使うのも良い1日かも、と思った次第です。

 

とはいえ、多くのプロの占星術師の方々も仰っていることですが、具体的にどんな未来がやってきて、どういうコトが起きるのかまでは、誰にもわかりません。

占星術にはどうしても「予言」的な側面が(発信者がそれを意図する・しないを問わず)含まれてしまうものではあるものの、ハッキリした確実な未来や「絶対こうなる」なんてことは、断言できるものではありません。占星術を勉強している身としては、むしろ断言などするべからず、というスタンスです(個人的に)。

ただ、これだけは「事実」として言えるのは、2020年にグレートコンジャンクション水瓶座で起きたこと。そして、時代の流れと性質が確実に変わっているということ。ただ、それが具体的にどういう形で変わって2年後、3年後に繋がるのかは、(予想はできても)誰にもまだわからない。

 

個人的な星回りの話で恐縮ですが、現在私の太陽と月に対してトランジットの冥王星がタイトにコンジャンクション&スクエア(太陽とのコンジャンクションは誤差1度、月は誤差0度です)になっています。ネイタルの水瓶座土星にはトランジット土星もどんどん近づいてきており、マジのやつは来年くる予定ですが、時期的にはもうサターンリターン中。おまけにトランジットの土星もネイタルの冥王星とスクエアになっており、今はまだオーブ3度ですが、これからどんどんキツくなっていく予定。プログレス的にも、ネイタルの土星プログレスの太陽(どちらも水瓶座)がコンジャンクション中です。

端的に言って、「根本的に自分の生き方や価値観、人生観を変容させないと(心臓バクバクバクバク)」という思いが、めちゃくちゃ強まっています。いやでも(全然嫌じゃないんですけどw)水瓶座の世界観と、それを実現していくことを意識せざるを得ない状況です。何を隠そう、私自身こそが「変わらないとヤバい。これまで自分が囚われていたもの、縛られてきたものを捨て、新しい時代に乗っていくことを考えろ、行動していけ」と、気がつくとそんなことを思ってしまうんですよね。

 

そういう個人的な星回りの影響もあって、上記のようなことを書きたくなったのかなーと、ここまで綴ってきて思いました。

少々スケールの大きい話もしてしまったかなとは思いますが、今日はそんな感じで、双子座の情報収集力や好奇心、発信力、そして思考力を活用できればと思います!

未来に思いを馳せる1日にするのもいいかもですね!

 

それでは、今日も皆様にとって良き1日となりますように。

 

SNSやってます🪐
Twitter

https://twitter.com/eleanorfujisaki
Instagram

https://www.instagram.com/eleanor_fujisaki/

お気軽にどうぞ🌷